食べ物 亜鉛について

牡蠣を食べて亜鉛不足を防ぐ

貧血改善の妙薬と言われている食べ物が牡蠣です。
亜鉛や鉄の含有量が非常に高く、銅や葉酸も含まれており、貧血の予防にも役立ちます。
中でも、セックスミネラルと言われる亜鉛の含有量は、魚介類の中でトップクラスです。
これが不足すると、抜け毛や肌荒れを引き起こしますし、免疫力も低下します。
牡蠣を食べて亜鉛不足にならないようにしましょう。
また、牡蠣と言えばタウリンが多いと言うところも注目されます。
タウリンは高血圧を予防する作用があるので、中高年の方は積極的に食べるべきでしょう。
かつては、牡蠣はコレステロールが高いと言われていました。
しかし、それは昔の話です。
新鮮なものを生で食べるのが、栄養的にも理想的な食べ方と言えるでしょう。
また、他の食材と組み合わせて食べることで、より良い効果が得られます。
鶏肉やもやしと食べれば血行が良くなりますし、体力増強にもなるでしょう。
牡蠣と酢を合わせれば、代謝を活発にしてくれます。

Copyright© 食べ物 亜鉛 All Rights Reserved.